クラブポールスターではあなたの大切な「ぬいぐるみ」をクリーニングして、世界の子供たちに贈ります。

クラブポールスター

お問い合わせメールフォームはこちらお申し込みはこちら

0120-604-150

寄贈ぬいぐるみ例(登場許可頂いている子たちです)

ぬいぐるみで世界の子どもたちに愛を

クラブポールスターでは、皆さまから寄せられた「ぬいぐるみ」をかしま障害者センターでクリーニングし、海外の
児童養護施設や、障害児養育センターなどの子どもたちに贈る社会貢献型プロジェクトを実施しています。

クラブポールスターの理念に共感してくださる方々から寄せられた「ぬいぐるみ」の1つをご紹介いたします。

犬のワンワンちゃん

みなさん、空港や旅先などで、1度は、動くおもちゃの人形をご覧になったり、手にとられたりしたことがあるのでは
ないでしょうか。
今回送られてきた犬のぬいぐるみも、そんな人形です。

犬のワンワンちゃんスイッチを入れると、「ワン、ワン」とかわいく吠えながら
ゆっくりと歩きます。

いままで大切にされてきたのでしょう、とてもきれいな
状態です。

さすがに、足の部分は歩き回っているせいか少し汚れが
ありますが、そちらは「加島友愛会」の障害をもったスタッ
フが真心こめて、ていねいにクリーニングいたします。


こういった動くぬいぐるみは、バッテリーやリチウム電池
が付いていると海外に送れない場合がありますので、
バッテリーや電池をぬいてお送りいただければ、きれい
にクリーニングをして海外の子どもたちに送り届けること
ができます。


ご家庭で長年大事にされて、もう動かなくなってしまったぬいぐるみでも、海外の多くの困難に立ち向かっている子ども達のもとで
遊び相手となり、安心感を与えたり、希望を抱かせたりすることができるのです。

この犬のぬいぐるみは、「ワンワンちゃん」という名前だったようで、小さなかわいらしい字で
「ワンワンちゃんを大事にしてあげてね。まーちゃんより」
とメッセージがついていました。

クラブポールスターでは、このようにぬいぐるみにメッセージをつけていただくことで、寄贈してくださる方の心も
一緒に、海外の子どもたちにお届けいたします。 メッセージは、届ける前にクラブポールスターのスタッフによって、
現地の言語に翻訳してからお贈りします。

お子さまが大事にしてきたぬいぐるみには、愛着があって、捨てるということはなかなかできないかもしれませんが、
外国でほかの子どもたちの役に立てると知れば、たくさんのぬいぐるみの中からすこし、分けてあげたい気持ちに
なるのではないでしょうか。

ほかの人を思いやる心を育て、お子様にとっても成長につながっていくと思います。

クラブポールスターのぬいぐるみ支援に少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひお力をお貸しください。
もし、今すぐにお送りいただけるぬいぐるみはなくても、こんな支援のかたちもあるということを頭のかたすみにおいて
いただければ嬉しく思います。


クラブポールスターについて詳しくはこちら

ぬいぐるみ寄贈の流れはこちら

かしま障害者センターでのぬいぐるみクリーニングのようすはこちら

 

お申し込みはこちらから

このページの上に
戻る

ページのtopへ