クラブポールスターではあなたの大切な「ぬいぐるみ」をクリーニングして、世界の子供たちに贈ります。

クラブポールスター

お問い合わせメールフォームはこちらお申し込みはこちら

0120-604-150

企画立案者からのメッセージ

サイト運営責任者(企画立案者)

こんにちは、私は株式会社アルトスターの「さこ(石尾 雅子)」と申します。
企業戦略プロデューサーとして活動しているのですが、元々はごく普通のママでした。

企画立案者 さこ(石尾雅子)21歳で長女を出産してから、ありがたいことに、本当に多くの方からたくさんの「ぬいぐるみ」をいただきました。お陰さまで娘達は大喜びで、どこに行くにもいつも「ぬいぐるみ」を抱っこしている時もありました。

 

ベッドの枕まわりにも、たくさんの「ぬいぐるみ」。 本当にたくさんの「ぬいぐるみ」に囲まれて、とても楽しい思い出と楽しい毎日を過ごせたと想います。 ただ、気になっていたのはダニのこと。日本は湿気が多い国ですし、我が家はアレルギーの家系で皮膚が弱いため、ちょっとしたダニやハウスダストでも過敏に反応するのです。

 

どんどん増える「ぬいぐるみ」に、「「ぬいぐるみ」のクリーニングって、どこでしているのだろう?」と不思議に思っていました。 近くにクリーニング店は何社もありましたが、どこでもぬいぐるみのクリーニング」を扱っているのか、いないのか、よくわからなかったからです。

 

そこで、近くのクリーニング会社に直談判に行ったこともあります。 「ぬいぐるみクリーニングを、きちんとしたビジネスとして、したら良いのに。」と。 まだ25~6歳のことでしたので、対応してくれた役員さんも、けげんそうな顔をしていました。

 

お陰さまで3人の娘にめぐまれ、その後も「ぬいぐるみ」は、どんどん増えていきます。

 

一方で、上の娘達は成長し、独立したり結婚したりなどで転居をするわけです。 元々それほど大きくない家ですし、引っ越し先はもっと狭く、本当にたくさんの「ぬいぐるみ」を、さてどうしたものか。。。

 

私自身も普通のママからOLへ、そして起業してクリーニング会社さまとのお取引も始まっていました。そこで、20代から気になっていた「ぬいぐるみ」クリーニングをお取引先様にも、ご提案してみたのですが、残念ながら技術的にも難しいと言われてしまいました。 そんな折、ふと思いついたのがクラブポールスターのプロジェクトモデルでした。

 

単純に「ビジネス」として考えた場合に、「ぬいぐるみ」クリーニングはメリットが少ないのだそうです。

 

けれど、ビジネスではなく、世界中の多くの困難に立ち向かっている子ども達に「きれいになったヌイグルミ」をプレゼントするのなら、どうなのだろうか、と。 ダニや汚れが気になるから「クリーニング」するといっても、増え続ける「ぬいぐるみ」を置いておく場所もないし、せっかくキレイにするのなら、多くの困難に立ち向かっている子ども達に寄贈することができれば、どんなにすてきだろうと。

 

「多くの困難に立ち向かっている子ども達」という表現が、上から目線なのかな、とも想いましたが、現実に日本の我が子と内戦から着の身着のまま逃げている子供達を見比べた時に、やはり何かをせずには、いられなかったのです。

 

世界には内戦だけでなく、医療レベルの問題で苦しんでいる子供達もたくさん、います。経済的な問題など、さまざまな背景から「ぬいぐるみ1つ」でさえ、手に入れることができない子供達がいるのです。 ですから、そんな子供達に何かをしたい! そういう想いがとても強く芽生えたのです。

 

そんな時に、クリーニング業界で活躍しているクリーンカンサイの小川社長、グッドメンの永田社長に出会えました。

 

好麒麟という会社の加藤社長も仲間にいらっしゃいました。 この3人の方は、私よりもさらに強い想いを抱いて「世界中の子供達のために、何かをしたい」と願っておられました。

 

そして、そこにクラブポールスターの運営責任者になる小野さんも運命の糸にたぐり寄せられ、集うことになったのです。

 

皆さんにこのプロジェクト・モデルをお話したところ、即座に「やろう!」と言ってもらえました。
そして、多くの方々の協力により、このクラブポールスターが始動することになったのです。

 

すでにスタート段階から、多くの方に多大なるご協力をいただきましたし、何よりもMAST支援会を設立してくださった理事の皆さま、そして運営責任者の小野さんには、大変なご苦労をおかけしています。

 

ただ、このプロジェクトは「善なる想いの発露」からスタートしていますので、必ず上手くいくと信じていますし、何よりも多くの方のご支援をいただいていますので、絶対に成功させなければ、なりません。 また、このページをご覧になって「これから」支援しようという多くの方々も現れることと想います。そういった方々の愛と想いが、ぬいぐるみを化身に、世界中の多くの子供達の心を温めることと想います。

 

支援方法はたくさん、あります。たとえば・・・
●お手元にある「ぬいぐるみ」をクラブポールスターのプロジェクト
 (ぬいぐるみクリーニング後、世界の子供に寄贈)にご依頼下さる支援
●このプロジェクトを、多くの友人・知人に知らせてくださる支援
●マスコミなどで、取り上げていただける支援
●このサイトを「リンク」や「アナウンス」してくださる支援
●新しい寄贈先の情報をくださる支援

 

などなど、他にも私達が気づいていない支援方法があるかと想います。

ぜひ、皆さまが、できるレベルのご支援を、できる範囲内でして頂ければ幸いです。

発案者からのお願いごとで恐縮ですが、皆さまの暖かいご支援、どうぞよろしくお願いいたします。

 

お申し込みはこちらから

このページの上に
戻る

ページのtopへ